> > 徹底した品質管理-クリクラ中央研究所

徹底した品質管理-クリクラ中央研究所

徹底した品質管理-クリクラ中央研究所

クリクラの徹底的な品質管理は、全国のプラントだけではなく、

専門の研究所が機能しているからです。

まずはクリクラ無料お試し申込
    安心・安全な水のために
安心・安全な水
   クリクラの水ができるまで
   サーバーの定期メンテナンス
   クリクラプラント(工場)の特徴
   HEPAフイルターの導入
   クリクラ調査結果報告
   業界初 HACCP取得
   徹底した品質管理-中央研究所
お客様の声 お問い合わせ 工場見学レポート
 

安心してお飲みいただくために


全国の製造プラントを集中管理

日本全国にあるクリクラ水製造プラントをインターネットによって結び、プラントの運転状況、出荷状況、警報内容などの情報を中央研究所及び本社にて集中管理しています。

運転時に異常が起きても、早期に発見し遠隔操作にて即時に装置の改善を行うことが可能です。

クリクラ中央研究所 5つの検査室

「クリクラ中央研究所」は、品質検査・管理を行う専門施設です。
原材料から製品になるまでの生産工程を分析しクリクラの安全性を確保する為、品質に関わる研究開発(理化学検査・微生物検査・官能検査)等を行います。

1. 微生物検査室

微生物の検査には、おもに以下の機器が使用されています。
実体顕微鏡、クリーンベンチ、インキュベーター、オートクレーブ、自動コロニーカウンター

微生物検査室では、各プラントで製造されたクリクラ水が飲料水基準を満たしている事をチェックします。 また、製造工程ごとに設定している水質管理値が守られていることも確認しています。 具体的には、一般細菌,大腸菌群,真菌などのコロニー数測定とともに、形状観察による微生物学的検査による衛生検査を行います。

検査室写真1

2. ボトル検査室

ボトル材質の温度,薬品,紫外線などに対する、耐久性あるいは耐衝撃性に関する基礎データを調査します。

クリクラ水を長期間保管された場合を想定しボトル材質からの微量溶出量を測定し、製品の安全性を確保します。

ボトルの殺菌・洗浄条件(温度、水量、薬品濃度、噴射角度など)の最適化を洗浄試験機を用いて行い、 実際に使用する装置に反映させます。

検査室写真2

3. サーバー検査室

主にサーバーメンテナンス時の検査項目や洗浄方法についての基礎データを採取します。

サーバーにとって菌の管理は重要であり、色々な環境下で使用される場合を想定して、 日常管理・定期管理における効果的な方法の開発を行います。

検査室写真3

4. 官能検査室

臭いのチェックは「官能評価」という手法で確認をしています。

通常では感じられない臭いを感じた場合には、その原因の解明も行っています。 臭いは、味とともに美味しいと感じるための大きな要素なのです。

検査室写真4

5. 理化学検査室

原水および製品水中に含まれている放射線物質を選定し、放射線量を定期的に測定することにより、 さらに安全な製品をお届けすることに努めています。

測定に使用する計器は、空気中の放射線量を測定し放射線物質の種類を選定するガンマスペクトロメーター、 液体の放射線量を測定する放射線モニターの二種類があります。

クリクラ水に放射線物質は確認されませんでした。

検査室写真5
    調査結果の詳細はこちら